/// Contact ///

モアナルアガーデンウェディングに関するお問合せ、空き状況の確認、

価格詳細などは下記、取扱窓口&お問合せ先に直接ご確認ください。

※ こちらのWebページに関するご質問、お問合せはコチラ▶︎

※ ウェディング会社様、ウェディングプランナーの方はコチラ▶︎

  • Facebookの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

Copyright © moanaluagardenswedding All Rights Reserved.

挙 式 会 場
Wedding Venue
ハワイの伝統芸能「フラ」の聖地
Prince Lot Hula Pa
プリンスロットフラパ
「モンキーポッド」の大樹の祝福
Makai Mound
マカイマウンド
太陽のもとでの「青空ウェディング」
APANA
アパナ

MAP

Moanalua

Gardens

全てみる
ハワイの伝統芸能「フラ」の聖地で叶う スピリチュアルウェディング
Prince Lot Hula Pa
プリンスロットフラパ

​たとえようのない神秘的な空間に包み込まれ、愛に満ちた静けさが ここにはあります

カメハメハ5世の幼少期、ロット王子と呼ばれていた頃よりこの地を愛したことから「ロット王子(=Prince Lot)」が「フラ(=Hula)」を楽しんだ「地(=Pa)」と名付けられています。

​昔からハワイの地元の人々にも愛されてきた、緑に囲まれた美しい空間です。

カメハメハ5世が愛した地

フラダンサーの憧れの地

ハワイ文化を象徴する「フラ」の聖地として、古くから知られる由緒ある地。

ハワイの非競技フラフェスティバルの中では最大規模の「プリンスロットフラフェスティバル」の開催地でもありました。特に会場前方にあるステージ(フラマウンド)の上で踊ることはフラダンサーの憧れだったと言われています。

MAP

やわらかな木漏れ日が降り注ぐ空間

自然の木々が会場と取り囲み、大きく伸ばした枝葉がドーム状の屋根となり太陽の光をやわらかな木漏れ日にかえます。

​爽やかな風が吹くと、周りの木々の小さな葉が桜の花びらのようにフワフワと舞い落ちるリーフシャワーを見ることもあり、光と緑と小鳥たちのさえずりの中で、こころ解き放たれるハワイらしいウェデイングが叶います。

 

歴史ある「モンキーポッド」の大樹に祝福され、ハワイの光の中で愛を誓う

ここは広大な敷地を誇るモアナルアガーデンのなかでも一番のパワースポット。

大樹の下にはこの木の枝をそのまま残したベンチがあり、生命の力強さを感じることができます。ハワイの自然の力「マナ」が溢れ、スピリチュアルなパワーが会場全体を包み込みます。

モアナルアガーデンのパワースポット

この大きな木の愛称は「グランマの木」

モアナルアガーデンには数多くの「モンキーポッド」の大樹が点在します。その中でも最も古株と言われているこの木は、地元の人々には「グランマ(おばあちゃん)の木」と呼ばれ、ハワイの歴史と文化を見守り続けてきた貴重な木です。

​グランマの祝福を目一杯受けることができ、こころもからだも洗われる、ハワイらしい空間でのウェデイングが叶います。

MAP

樹齢150年 樹冠40メートルの大樹

この木の樹齢は150年以上にもなると言われており、幹回りは約7メートル、大空に広がる樹冠はなんと約40メートルにもおよびます。

​楽園ハワイの太陽を存分に浴び、自由にすくすく育った枝葉からキラキラとした光が振りそそぎ、まるでスポットライトのように会場を照らします。

大地の力みなぎるパワースポット 樹齢150年にもおよぶ大樹の祝福
Makai Mound
マカイマウンド
 
楽園ハワイのきらきらと輝く太陽のもとでの「青空ウェディング」
APANA
アパナ

きらきら輝くハワイの太陽と どこまでも続く大空の下で アットホームな幸せを

アパナとはハワイで「聖なる地の一部」を意味する言葉。

この会場は、ハワイとモアナルアガーデンの歴史と文化をモチーフとしてデザインされている独創的な空間です。

会場後方にはシンボルツリーが見守るように立っており、360度どこを見ても緑広がる会場はハワイの自然を感じられます。

アパナ=「小さな聖地」

緑・青・白のコントラスト

ハワイの澄んだ大空の青、ふかふかの芝生とガーデンの豊かな緑、そこに浮き立つように映えるウェディングドレスの白。

はっきりとしたコントラストが美しい写真を残します。

​開放的なオープンスペースの空間で笑顔いっぱいのカジュアルでアットホームなウェディングにぴったりです。

MAP

ジョン万次郎の想い

特徴的な石畳で作られたバージンロードやステージは、坂本龍馬もその世界観に影響を受けたと言われている歴史的人物「ジョン万次郎」が訪れた教会のタイルを使用しています。

​歴史と自然が融合し、かつての聖地が新しくここに生まれ変わっています。